就職」カテゴリーアーカイブ

卒業生を招聘しました

キャリア教育関連科目において、本学科の卒業生3名をゲストスピーカーとして招聘しました。

①前田さん(平成30年度 製菓衛生師コース卒業)

前田さんは本学科製菓衛生師コース第1期生です。卒業後は製菓衛生師として、一流ホテルに勤務しています。前田さんには1年生に対して、インターンシップや就職活動に関する体験談などを話してもらいました。「インターンシップに参加したことで、ホテルへの就職という道が開けたので、皆さんもぜひ頑張ってください!」と熱く語ってくれました。

話を聴いた1年生からは、「今のうちから、いろいろなことをしっかり学んでおこうと思った」
「ホテル業界は大変なイメージがあったけど、楽しく仕事をしている先輩の話を聴いてイメージが変わりました」などの感想が聞かれました。

 

 

②緒方さん(平成25年度 健康栄養学科(現:実践食物学科)卒業)

緒方さんは本学科を卒業した後、介護職として介護の現場に就職しました。昨年度、介護福祉士の国家資格も取得し、現在も介護現場の第一線で活躍しています。「介護の仕事は人として成長させてくれる素晴らしい仕事」と語ってくれたので、介護の仕事に誇りとやりがいを感じていることが伝わってきました。

そして、栄養士の視点を持ちつつ介護福祉士として働いている強みが大いに伝わってきました。「介護業界に興味が湧いた!」
「栄養士としてすぐに働かなかったとしても、短大で勉強したことを活かせることを知りました」
などと、学生は様々な気づきを得たようでした。

 

③石垣さん(平成27年度 健康栄養学科(現:実践食物学科)卒業)

石垣さんは特別養護老人ホームの栄養士として勤務しています。毎日約300食を提供しており、そのためには厨房の人との連携が大切だと話してくれました。また、5種類の食事形態があり、入所者の健康状態等に応じて提供を行っているそうです。人の命に関わる仕事に対して、非常に強い責任感を持って取り組んでいることが伝わってきました。

さらに、彩り豊かに作られた行事食や、施設内の食イベントの取り組みなどをも紹介してくださいました。
「季節感を大切にした行事食がおいしそうだし、思いやりを感じる」
「飲みに行けない人のために居酒屋イベントを企画していて面白そう!」
華やかで美味しそうな食事写真の数々に、皆惹きつけられました。

↓(左から)緒方さん、石垣さん、山下先生 ↓

 

 

緒方さんと石垣さんには、今まさに就職活動真っ最中の2年生に対してお話をしてくださいました。

それぞれの道で実際に活躍されている先輩の生の声を聞くことで、1年生は就職活動に対する意欲が、2年生は社会人として働くモチベーションが一層高まったことと思います。

前田さん、緒方さん、石垣さん、このたびはありがとうございました。
今後の更なる活躍を応援しています!

会社説明会が行われました

5月10日(金)株式会社Nishiki Foods様による会社説明会が行われ、本学科2年生が参加しました。

採用を担当している人事総務課・井上様には、給食業界の実情、「期待に応える」という行動指針、社内の評価育成制度など、学内開催ならではの貴重な情報を伺うことができました。懇切丁寧に説明して頂き、学生たちも大いに興味・関心を抱いた様子でした。

(左から)王さん、井上様、山下先生

会社説明会の様子

 

また、今年は、現在栄養士として働いている王明磊さん(2018年3月卒業)にも来て頂きました。栄養士として働くことに対する熱い想いや実際の業務内容についてなど、貴重な話を伺うことができました。

先輩のリアルな体験談は、就職活動や社会人として働くことに対する学生のモチベーションを高めてくれたことと思います。

本学科卒業生の王明磊さん

 

説明会終了後には、エントリーをする時間が設けられ、数名の学生が早速エントリーを行っていました。

王さんとNishiki Foods様とのご縁の話の際には感動的な内容もありました。

本日のご縁が参加者にとっても前向きに発展すると良いですね!!

 

井上様、王さん、本日はお忙しい中お越しくださりありがとうございました。

 

「平成31年度決起大会」が開催されました

2019年1月30日(水)11:00より、「平成31年度就職決起大会」が開催されました。

受付を済ませ、学科ごとに着席する様は、さながら就職説明会の様相を呈しておりました。参加者は全員スーツ姿で、いかにも就職活動中という様子。

はじめに、キャリアサポートセンター長の上島先生から、全体に向けて今年の就職動向に関する説明が行われました。同時に、面接時に注意したい身だしなみなど、採用担当者のリアルな視点を具体的に解説してくださいました。

 

その後、一斉に「就職模擬試験」(約60分)を受験し、続いてエントリーシートの書き方解説を実施しました。今回受験した試験結果は、春休み中に受験者の自宅に郵送されるので、来る就職活動で足りない知識を補うのに活用して頂きたいものです。

 

13時半からは、栄養士・製菓衛生師就職に特化した「実践食物学科分科会」を開催。
多くの1年生が真剣な眼差しで参加しました。

【AF分科会プログラム】
13:30 学科長あいさつ
13:35 本日の配布物の確認
13:40 在校生の体験談(Aクラス:中野さん、Bクラス:前田さん)
14:05 現役保育園栄養士が教える“保育園栄養士”のリアル
14:30 アドバイザーからのエール
14:40 終了

在校生の体験談では、現役で大阪府教員採用試験に合格して中学校(家庭)教員として4月から働く中野さん(2018年12月7日付記事参照)と、一流ホテルの製菓衛生師職に早々に内定を得て前向きに学生生活を謳歌している前田さんに登壇してもらいました。

先輩の体験談の中には、これから就職活動に取り組むためのヒントがいっぱい!
皆さんが行いがちな失敗についても、体験談の中から後輩のためにアドバイスしてくれました。

本学の近隣に位置する「むぎの穂保育園」で栄養士として働く豊永様からは、ご自身の就職活動の思い出や現在の保育園栄養士としての仕事内容など幅広い話題とともに、「子どもを持ってからがより良い仕事を出来るのが栄養士職」という言葉をイメージできる素敵なエピソードも伺うことができました。保育園栄養士を目指す学生さんにとっては、非常に魅力ある内容だったのではないでしょうか。

アドバイザーの先生方も、1年生に向けて進路に対するエールを送りました。

分科会の後は、メイクアップアドバイス講習および就職用写真撮影会に参加しました(希望者のみ)。

アドバイザーの先生方をはじめ、学科の先生方、そしてキャリアサポートセンターも、皆さんの就職活動を応援しております!

就職戦線は早くも始まっています。いち早く希望の就職・進学先に内定を頂き、その後の学生生活を充実させましょう!

製菓衛生師試験に全員合格!(製菓衛生師コース2年生)☆Part2☆

「平成30年度 製菓衛生師試験」(11月11日(日)三重県実施)の

合格発表が12月12日(水)にあり、

製菓衛生師コースに在籍する2年生の受験者全員が、

見事合格しました!

 

Part2では合格した2年生に、

合格の秘訣、受験対策などについて

インタビューしました!

 

 

 

 

☆合格おめでとうございます。合格がわかった時の気持ちを教えて下さい。

・とても嬉しかったです。

・合格してほっとしました。試験を受けてよかったです。

☆試験勉強の方法を教えてください。

・三重県の過去問題を何度も何度も繰り返し解きました。

・間違えたところを調べて、自分なりの解説を作りました。

・「ひがドリ」の過去問題を、電車の中や空いた時間を利用して解きました。

※「ひがドリ」とは“在学生向けE-Learningサイト”です。

本学のホームページからアクセスでき、基礎学力強化、就職筆記試験対策(SPI)など、いつでもどこでも時間がある時にスマートフォンやパソコンで勉強することができます。

製菓衛生師コースでは、「製菓衛生師試験過去問題」を勉強することが出来ます。

 

☆学校の受験対策について、感想・要望があれば教えてください。

・試験対策の授業(製菓演習Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ)で、各都道府県の過去問題を沢山解いたので、力がついたと思います。

・1人で勉強するよりもやる気が出て、周りの友達の頑張りが励みなりました。

☆「在学中(2年次前期)に受験資格が取得でき、2年次後期に受験できる」本学の

カリキュラムについてどう思いますか。

・在学中に受験できるので、友達と一緒に試験勉強できるところが良いと思います。

就職後に受験するとなると、“勉強する時間が確保できるか”、“1人で働きながら勉強できるか”など、不安になることがあるかもしれません。

・合格して申請すれば、卒業までに「製菓衛生師免許証」が取得できるのはとても嬉しいです。

☆資格をどのように活かそうと考えていますか。

・洋菓子の会社に就職するので、学校の授業・実習、試験勉強で得た知識を忘れず、仕事で活かしたいと思います。

・製菓衛生師免許証を取得すれば、「食品衛生責任者」にもなれるので、職場では食品衛生に気をつけようと思います。

☆後輩へメッセージをお願いします!!

・試験勉強はなるべく早くから始めた方がよいと思います。

・しっかり勉強すれば必ず良い結果は出ます。

・後輩の皆さん、頑張って下さい!

 

栄養士コース2年生が教員採用試験に合格しました!

栄養士コース2年生の中野侑美さんが、

「平成31年度 大阪府教員採用試験(中学校家庭)」

に合格しました!

 

「学校の先生になりたい!」という強い意志を持ち、中学校教諭二種免許状(家庭)と栄養教諭二種免許状の両方が取得できることから本学に入学しました。栄養士免許証と2つの教員免許状を取得する為に、多くの必要単位を取得し、毎日勉強に励んでいます。その成果が実り、見事「教員採用試験」に合格!

同じように教員を目指す後輩に向けて、教員採用試験について色々と教えてくれました。

<第一次選考(筆答テスト)について>

試験対策は、過去問題を繰り返し行いました。通学に片道2時間かかるので、試験勉強はその時間を有効活用しました。

<第2次選考(面接テスト)について>

面接官2人との個人面接でした。自己紹介、志望動機、家庭科を選んだ理由、自分の短所、熱意、教員としての保護者との関係、採用された時のメリットなどについて質問されました。時間は約10分間でした。

<第3次選考(筆答テスト及び面接テスト(模擬授業及び面接)>

筆答テストは専門科目(家庭科)の試験でした。普段から授業をよく聞き、覚えることが大切です。

面接テストは、模擬授業〔課題は学習指導要領の「衣食住の生活 ―衣服の選択と手入れ」〕(指定時間:入室から4分半)と、その後に面接テスト(約15分)がありました。

模擬授業では、意欲を持たせるために授業の目標を板書し、生徒に問いかけ、考えさせることで答えを導かせ、一方的にならないように工夫しました。

面接テストは、面接官3人から模擬授業に関する質問と、事前に提出していた「個人個票」に関する内容を問われました。「今の教師に必要な資質」についての質問もありました。

<教員を目指す後輩へのアドバイス>

筆答試験は、保育学、住居学、道徳教育に関することは、授業で習ったことが試験に出たので、積極的な態度で受講するとよいと思います。

面接は提出書類の内容について聞かれるので、見やすく、読みやすく記入することが重要です。また、その内容を把握し、質問に答えることができる準備をしておかなければなりません。

3月から就職活動も行っていたので、企業の面接を多く受けていたことや、アパレル関係でのアルバイトで得た知識が、衣服分野の試験に大変役立ちました。

<メッセージ>

教員採用試験に合格することは決して夢ではありません。「教員になる!」という強い気持ちがあれば大丈夫。後輩の皆さん、頑張って下さい!!

************************************************************************************

合格おめでとうございます。授業、就活、アルバイトなど学生生活で得たことの多くが合格に繋がったと思います。残り少ない短大生活を大いに満喫し、来年4月からの活躍を期待しています。

中学校(家庭)教育実習  研究授業

小学校(栄養教諭)教育実習 研究授業

小学校(栄養教諭)教育実習 給食の時間の指導