公開講座「さまよえるモティーフー伝説からファンタジーへ」

1月8日の公開講座では本学科の横田詩織先生が「さまよえるモティーフー伝説からファンタジーへ」と題した講座をオンラインと対面の両方で行いました。

横田先生のご専門はドイツ・オーストリア文学です。

オーストリアにも留学経験がありドイツ語が堪能です。

この日は先生のご専門のグリム童話などの民話研究の視点から、古くから人々に親しまれてきた物語や伝説の登場人物やキャラクターがどのように現代まで受け継がれ、変化してきたかについてお話して頂きました。

伝説とファンタジーとメルヒェンの違いについて詳しく解説して頂きました

その一例として紹介されたのがアマビエです。

昨年のコロナ禍で、SNSを通じて爆発的な広がりを見せた「アマビエ」伝説は、今や地域振興のマスコットに選ばれるほど親しまれています。

『肥後国海中の怪(アマビエの図)』(京都大学附属図書館所蔵)

アマビエは江戸時代に熊本県の海に現れた疫病封じの妖怪ですが、「疫病流行時にアマビエの姿を描いて人に見せよ」という本来の“お告げ”から、コロナ(COVID-19)収束を祈願して描こう、という呼びかけを契機としてCOVID-19収束祈願の象徴になりました。

厚生労働省の啓発アイコン

アマビエのように、伝説上の存在がモチーフ化して、まったく別の場所で活躍することは珍しくなく、私達になじみのある現代のキャラクターにも見出すことできます。森に住む美しい種族となったエルフ、世界的な人気を誇るRPGのキャラクターになったゴーレムなど、時代の流れとともにキャラクター自身も変容し、新しい物語とともに生き続けているんですね!おもしろい!

なぜ昨年爆発的なヒットとなった『鬼滅の刃』があれほど世界中で人気を博したのでしょう?

それは日本の伝統的な鬼のイメージが、西洋のドラキュラやゾンビ、さらにはそれを着想源とした『ジョジョの奇妙な冒険』に登場するような「吸血鬼」を経て、『鬼滅の刃』の鬼へと変容を遂げてきたことに理由があるようです。

日本的な「鬼」のイメージが、異なる宗教や文化背景の人達にとっても親しみのある普遍的なキャラクターへと変化したことで世界中の人々に共感を与えているんですね。

横田先生、日本のサブカルチャー論から民話研究にまたがる興味深い講座をどうもありがとうございました。

次の機会にはご専門の『グリム童話』の研究についてもっとお聞きしたいと思います。

2022年開始

松の内も終わり、いよいよ2022年が本格的にスタートしました。お正月気分、もうすっかり抜けましたか?

大学の授業はほとんどが来週で終わります。その後には試験期間、補講期間と続きますが、だいたい2月半ばまでには春休みに入る人が多いのではないでしょうか

大学の春休みは小中高と比べてとても長いです。例年なら、この長い休みを利用して短期留学に旅立つ大学生も少なくありません。

アジアこども学科の2年生は、3月に研修が予定されています。とはいえ、昨年末からまた感染者数が増え続けていますので、再度の延期や内容変更がないとも限りません

引き続き感染対策に励みながら、大学からの連絡を見逃すことがないよう、注意してくださいね

特別講義「国際協力をキャリアにするとは」

昨日12/23(木)、JICA青年海外協力隊でコスタリカに派遣されていた細川ひかりさんをお招きして、「国際協力をキャリアにするとは」というテーマで特別講義をしていただきました!

講義の様子

なんと、細川さんは現役の大学生!

派遣された市はごみ処理場を建設・運営できる資金がなく、ごみ処理場のある首都までごみを運ぼうにも遠く離れていて……というごみ問題に1年、取り組んできたのだそうです

東大阪大学のみなさんからの質問にも、同じ大学生という立場から率直に答えていただいて、よい刺激になったようでした

日本芸術入門「鳥獣戯画をえがく」

先週の日本芸術入門の授業では鳥獣戯画について勉強しました。

甲本、乙本に描かれる内容を見た後で、学生のみなさんも実際に筆で描くことにチャレンジしました。

描いた動物たちにどんな台詞をつけるかも各自で考えました。

世界の万物は全て一つの矢につながっている
これは漫才みたいでおもしろいですね!

蘇州大学とのオンライン交流会開催!

今日は何の日? サンクス・ギビング? いいえ、中国・蘇州大学とのオンライン交流会の日!

そんなわけで、本日お昼、東大阪大学と蘇州大学のオンライン交流会が開催されました!

発表テーマはどちらも「就職活動」

まずは蘇州大学の学生さんたちから中国の就職活動についての発表を聞き、

女性自身は「家庭と仕事の両立」を希望している人が最も多いのに対し、男性は女性に出産や育児のタイミングで一度退職してほしい、と考えている人が多いのだとか

今度は日本の就職活動について、グループごとに発表しました

就職活動の味方、キャリアサポートセンター!

最後は質疑応答の時間

どうして日本では年齢が高いほど年収が増えるの?

給料が他の職業と比べて高くないのに、中国ではどうして公務員が人気なの?

など、別の国に住んでいるからこそ生まれる疑問に、どちらも一生懸命答えていました

日本で暮らしていて当たり前に思っていたことが別の国から見ると当たり前じゃなかった、とわかってざわめきも

初めてのオンライン交流会、教員も学生もバタバタしていましたが、大きなトラブルもなく無事終えることができました

COVID-19の流行で実際に海外に行ったり日本に来てもらったりする交流が難しい今だからこそ実現したオンライン交流会

試行錯誤しながら、また次回につなげていけるようがんばりましょう!

教員紹介⑥

朝晩ぐっと冷え込むようになり、暖房器具を収納から引っ張り出してきた人も多いのではないでしょうか。

秋は台風シーズンでもあります。非常持ち出し袋など、みなさんもしもの時の備えは万全ですか?

さて、今回の教員紹介、インタビューに応えてくださったのは井原幸治先生(以下井原)です!

今回も「いらすとや」さんにお世話になります!

Q. まず、なにを研究されているか教えてください

井原:ソーシャルマーケティングという分野の研究をしています。

Q. ソーシャルマーケティング、というと、最近テレビなどでもチラホラ聞くような……? いったいどういうビジネスなんでしょうか

井原:これまでのビジネスは、「勝つか負けるか」の世界でした。ソーシャル
ビジネスは、「負け組」を作らない新しいビジネスです

Q. ということは、やはり東大阪大学でもビジネス関連の授業を担当されているのですね!

井原:マーケティング論、組織活動と環境問題などのビジネスに関する授業を担当しています。

Q. 具体的にどういう内容の授業なんでしょうか?

井原:全ての授業のキーワードは、“持続可能な成長”です。この目標を達成するための方法を学生と議論しながら見つけ出す、という内容です

Q. では、中でもイチオシの授業というのはありますか?

井原:「国際ビジネス表現」という授業です。簡単に言うと、人間の表現の技術を学ぶ授業です。より効果的に言いたいことが伝わる方法を学びます

Q. 将来どんな仕事をすることになったとしても、絶対に必要になる技術ですね!

それではここからは毎回恒例、個人的な質問に移ります

Q. 今までに読んだ/観た中で一番好きな本、マンガ、映像作品を教えてください

井原:沢木耕太郎の『敗れざる者たち』という本です

Q. どういった内容の物語なのでしょうか

井原:ノンフィクションルポライターである筆者が、プロスポーツ選手の密着取材を行い、肉体や精神の極限状態を描写するという内容です。私の人生を変えてくれた一冊です

Q. ノンフィクションルポ、あまり読んだことがないジャンルなので気になります……!
では、誰かに何かひとつオススメするとしたら、どんなものをオススメしますか?

井原:現在の日本は、超少子高齢化社会です。これまで以上にビジネスでの国際交流が必要です
皆さんには、外国人の友人を作ることをお勧めします!

Q. 外国人の友人を作ろう、と挑戦するだけでも良い経験になりそうですね!
では、そんな井原先生の今までで一番思い出に残っていることは?

井原:学生時代、インドネシアに留学していた時に熱帯病に感染してしまい、救急
車と飛行機で、シンガポールまで運ばれた時にもう死ぬのかと思いました
今、こうして元気に暮らせているのも各国の方々のお陰で感謝しています

Q. ひえっ、留学中の病気はまさに死活問題……! ご無事でなによりです! 救急車だけでなく、飛行機も使っての搬送となるとかなり危なかったのでは……?

さて、毎回のブログ担当無茶ぶり、井原先生は華麗に写真でお応えくださいました! (なるほどその手があったかなんて思っていませんとも)

コメントもいただいています!

井原:学科の海外研修で、フィリピンのセブ医科大学ELSに行った時の集合写真です。2年次の必修科目で、自己負担無しで全員海外研修に行くことができます!右端にいるのが私です

蘇州大学とのオンライン交流会、いよいよ開催

新型コロナの影響で海外の大学との交流も制限され、途絶えている昨今、本学
科では学科の特色を出したく、海外の大学とのオンライン交流会を提案、企画
しています

その第一弾として、来月、中国蘇州大学外国語学部日本語科と共催するこ
とになりました

テーマは「就職活動」。日中両国の「就活」における相違点と共通点を、両学
科の学生がグループを分けて調査、オンラインを通して発表します。「就活
」から見えてくる日中若者の夢や理想、そして現実を探りながら相互理解を深
めることが目的です

交流会は両学科の学生が司会し、使用言語は日本語、意思疎通が困難な場合、本学科の留学生は通訳の「大役」を担います


蘇州大学は1900年創設の「東呉大学」を前身とし、120年以上の歴史を有する
中国の名門大学の一つ。現在、医学部をはじめ、30の学部があり、大学院生や
留学生を含め、5万人近くの学生が在籍しています


このようなオンライン交流会は、今後定期化し、他の国と地域の大学にも広げ
ていきたいと学科の教員と学生も意気込んでいます

開学当初の蘇州大学
開学当初の蘇州大学正門

対面授業が始まります

9月末で緊急事態宣言が終わり、10月1日からやっと対面授業が始まります。

前期の緊急事態宣言期間は、オンライン授業の受講方法や課題提出方法が気軽に質問できるように、学生の登校曜日を絞り込んで対面授業も少し実施していたのですが、後期は9月末まで4日間でしたので、原則として対面授業はしませんでした。

また次の感染の波が来るかも知れません。10月からの対面授業が実施されている間に、質問したいこと (特にパソコンの使い方や課題の提出方法) は質問しておきましょう。

国際交流クラブの活動

本学の国際交流クラブは現在アジアこども学科の学生が主なメンバーとなって活動しています。コロナ下で部員が集まるのもなかなか難しい状況でしたが、昨年11月より、インドのニューデリー経営大学とオンラインの交流会を行っています。

8月からインドの大学の新学期がはじまり、先日1回目のZOOM交流会を行い、部員だけではなく他大学の学生さんも参加してくれました。これからは東大阪大学のクラブメンバーに限らず、本学のクラブを拠点にして他の大学や高校からも広く参加者を募り国際交流のサークル活動をしていく計画にしています。

興味のある人はLINEのオープンチャットかメールで連絡をしてくださいね。みなさんの参加をお待ちしています。

LINEオープンチャットリンク「ニューデリー経営大学zoom交流会」
ニューデリー経営大学 (New Delhi Institute of Management: 通称NDIM)はこんな学校です