投稿者「N. Hamada」のアーカイブ

インターンシップ実習Ⅰ(製菓衛生師コース1年生)

 製菓衛生師コースの1年生が、2/18(月)~2/28(木)まで、大阪市内のホテル、製パン会社でインターンシップ実習を行いました。

 慣れない環境での作業は緊張の連続で、不安や心細いことも多かったようですが、全員最終日まで無事にやり遂げました。

 自分が携わったケーキやパンがショーケース等に並んでいるのを見て、嬉しく感じたことでしょう。

 学校の授業では得られない貴重な経験になりましたね。お疲れ様でした。

 

製菓衛生師試験に全員合格!(製菓衛生師コース2年生)☆Part2☆

「平成30年度 製菓衛生師試験」(11月11日(日)三重県実施)の

合格発表が12月12日(水)にあり、

製菓衛生師コースに在籍する2年生の受験者全員が、

見事合格しました!

 

Part2では合格した2年生に、

合格の秘訣、受験対策などについて

インタビューしました!

 

 

 

 

☆合格おめでとうございます。合格がわかった時の気持ちを教えて下さい。

・とても嬉しかったです。

・合格してほっとしました。試験を受けてよかったです。

☆試験勉強の方法を教えてください。

・三重県の過去問題を何度も何度も繰り返し解きました。

・間違えたところを調べて、自分なりの解説を作りました。

・「ひがドリ」の過去問題を、電車の中や空いた時間を利用して解きました。

※「ひがドリ」とは“在学生向けE-Learningサイト”です。

本学のホームページからアクセスでき、基礎学力強化、就職筆記試験対策(SPI)など、いつでもどこでも時間がある時にスマートフォンやパソコンで勉強することができます。

製菓衛生師コースでは、「製菓衛生師試験過去問題」を勉強することが出来ます。

 

☆学校の受験対策について、感想・要望があれば教えてください。

・試験対策の授業(製菓演習Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ)で、各都道府県の過去問題を沢山解いたので、力がついたと思います。

・1人で勉強するよりもやる気が出て、周りの友達の頑張りが励みなりました。

☆「在学中(2年次前期)に受験資格が取得でき、2年次後期に受験できる」本学の

カリキュラムについてどう思いますか。

・在学中に受験できるので、友達と一緒に試験勉強できるところが良いと思います。

就職後に受験するとなると、“勉強する時間が確保できるか”、“1人で働きながら勉強できるか”など、不安になることがあるかもしれません。

・合格して申請すれば、卒業までに「製菓衛生師免許証」が取得できるのはとても嬉しいです。

☆資格をどのように活かそうと考えていますか。

・洋菓子の会社に就職するので、学校の授業・実習、試験勉強で得た知識を忘れず、仕事で活かしたいと思います。

・製菓衛生師免許証を取得すれば、「食品衛生責任者」にもなれるので、職場では食品衛生に気をつけようと思います。

☆後輩へメッセージをお願いします!!

・試験勉強はなるべく早くから始めた方がよいと思います。

・しっかり勉強すれば必ず良い結果は出ます。

・後輩の皆さん、頑張って下さい!

 

製菓衛生師試験に全員合格!(製菓衛生師コース2年生)

「平成30年度 製菓衛生師試験」(11月11日(日)三重県実施)の

合格発表が12月12日(水)にあり、

製菓衛生師コースに在籍する2年生の受験者全員が、

見事合格しました!

平成29年4月に実践食物学科の新コースとして開設され、第1期生として初めての試験。

受験した学生も教職員も緊張しながら合格発表の日を迎えました。

三重県のホームページに合格番号が掲載されたのが正午頃。

全員の受験番号をしっかりと確認。

「やったー!」「おめでとう!」「先輩、おめでとうございます!」

製パン実習中の1年生からも祝福され、満面の笑みの2年生。

実習、講義、卒業研究、就活をしながらの受験勉強は挫けそうになったこともあったと思いますが、日々の努力の成果が合格に繋がりました。

2年生の皆さん、合格おめでとう!!4月から製菓衛生師として頑張って下さい!

****************************************

製菓衛生師コースは、在学期間中の2年次前期までに「製菓衛生師受験資格」を取得できるカリキュラムとなっていますので、規定の単位を取得すれば在学中に試験を受けることができます。

合格後に免許証の申請をすることにより、卒業までに「製菓衛生師免許証」(国家資格)が取得可能です。


 

栄養士コース2年生が教員採用試験に合格しました!

栄養士コース2年生の中野侑美さんが、

「平成31年度 大阪府教員採用試験(中学校家庭)」

に合格しました!

 

「学校の先生になりたい!」という強い意志を持ち、中学校教諭二種免許状(家庭)と栄養教諭二種免許状の両方が取得できることから本学に入学しました。栄養士免許証と2つの教員免許状を取得する為に、多くの必要単位を取得し、毎日勉強に励んでいます。その成果が実り、見事「教員採用試験」に合格!

同じように教員を目指す後輩に向けて、教員採用試験について色々と教えてくれました。

<第一次選考(筆答テスト)について>

試験対策は、過去問題を繰り返し行いました。通学に片道2時間かかるので、試験勉強はその時間を有効活用しました。

<第2次選考(面接テスト)について>

面接官2人との個人面接でした。自己紹介、志望動機、家庭科を選んだ理由、自分の短所、熱意、教員としての保護者との関係、採用された時のメリットなどについて質問されました。時間は約10分間でした。

<第3次選考(筆答テスト及び面接テスト(模擬授業及び面接)>

筆答テストは専門科目(家庭科)の試験でした。普段から授業をよく聞き、覚えることが大切です。

面接テストは、模擬授業〔課題は学習指導要領の「衣食住の生活 ―衣服の選択と手入れ」〕(指定時間:入室から4分半)と、その後に面接テスト(約15分)がありました。

模擬授業では、意欲を持たせるために授業の目標を板書し、生徒に問いかけ、考えさせることで答えを導かせ、一方的にならないように工夫しました。

面接テストは、面接官3人から模擬授業に関する質問と、事前に提出していた「個人個票」に関する内容を問われました。「今の教師に必要な資質」についての質問もありました。

<教員を目指す後輩へのアドバイス>

筆答試験は、保育学、住居学、道徳教育に関することは、授業で習ったことが試験に出たので、積極的な態度で受講するとよいと思います。

面接は提出書類の内容について聞かれるので、見やすく、読みやすく記入することが重要です。また、その内容を把握し、質問に答えることができる準備をしておかなければなりません。

3月から就職活動も行っていたので、企業の面接を多く受けていたことや、アパレル関係でのアルバイトで得た知識が、衣服分野の試験に大変役立ちました。

<メッセージ>

教員採用試験に合格することは決して夢ではありません。「教員になる!」という強い気持ちがあれば大丈夫。後輩の皆さん、頑張って下さい!!

************************************************************************************

合格おめでとうございます。授業、就活、アルバイトなど学生生活で得たことの多くが合格に繋がったと思います。残り少ない短大生活を大いに満喫し、来年4月からの活躍を期待しています。

中学校(家庭)教育実習  研究授業

小学校(栄養教諭)教育実習 研究授業

小学校(栄養教諭)教育実習 給食の時間の指導

 

 

 

 

新入生宿泊研修

4月13日(金)~14日(土)に新入生宿泊研修が行われました。

今年から日程が2班編成となり、実践食物学科は後半の第2班。バスで大学を出発し、研修施設である奈良市の「大和高原 ボスコヴィラ」に到着。開講式ではこの研修の目的や諸注意の後、これからの研修に向けてお昼ご飯でエネルギーチャージ!

午後からの研修1では、源先生の講義と新入生の自己紹介。実践食物学科らしく地元の特産食品の紹介や好きな食べ物、留学生の出身地を地図で確かめながら交流を深めました。

 

研修2では松井先生より「防災と心の準備」というテーマで講義がありました。東日本大震災時に栄養支援で訪れた被災地での活動や、災害時における食と健康、災害食についてのお話があり、将来栄養士、製菓衛生師となる新入生は、日頃からの食の備えや心構えについて考えさせられたことと思います。

夕食、入浴の後の研修3では、現在栄養士コース2年生の張琪さんより、1年生への歓迎の言葉と、学生生活や授業の事、勉強方法やテスト対策についてのアドバイスがありました。1年生からの多くの質問にも丁寧に対応してくれました。

 

 

その後、授業カリキュラムや専門科目の説明があり、1日目が終了しました。

 

 

2日目は、朝食をしっかり食べた後、研修4。ここでは栄養、調理の基礎知識についてのテストがありました。覚えていた人も忘れていた人も、これからしっかり学んでいきましょう。

研修の後は、学科対抗ドッジボール大会。円陣を組み、体育会系&おしとやか女子、控えめ男子そしてドッジボールが初めての留学生が一致団結!

介護福祉学科、アジアこども学科に勝利し、見事優勝しました。

お昼ごはんはバーベキューでおなかいっぱいに。

  

天気予報がはずれ、好天に恵まれた2日間が無事に終了。

栄養士コース、製菓衛生師コース間の交流も深まり、楽しく有意義な研修でした。

これから2年間、ドッジボール優勝のチームワークで、目標に向かって頑張りましょう!