実習」カテゴリーアーカイブ

教育実習が無事終了しました(栄養士コース2年生)

10月30日をもって、栄養士コース2年生全員の教育実習が無事終了しました。

今年度は新型コロナの影響で、教育実習の実施が危ぶまれましたが、全ての実習校が快く受け入れて下さり、9月以降順次実施されました。

*中学校家庭科教諭(中学校)実習・・・3週間

*栄養教諭(小学校)実習・・・1週間

実習を終えての感想は、「最初は児童・生徒との接し方に戸惑った」、「指導案の作成に時間がかかった」、「思うように授業が出来なかった」など苦労も多かったようですが、大学の授業ではわからない多くのことを経験でき、教育実習の重要性を大いに感じたようです。

栄養教諭(小学校)実習
「食べ物の3色のグループについて知ろう」

家庭科(中学校)実習
「衣服の素材と手入れ」

栄養教諭(小学校)実習
「より良い手洗いの仕方を考えよう」

実習先の学校では実習生、学生ではなく「先生」。朝の登校から下校まで、クラス活動、授業、クラブ活動を通して、児童・生徒の様子を見ながら接することの難しさや楽しさを実感した期間だったと思います。

コロナで大変な時期にもかかわらず、「教育実習生にとっても、児童・生徒にとっても必要なこと」と、丁寧にご指導下さいました実習校の先生方に、心より感謝申し上げます。

未来の先生、頑張ってくださいね!

栄養士コース2年生 製菓実習

栄養士コース2年生、製菓実習のこの日のメニューはピザとシフォンケーキです!

ピザはもちろん生地から作りますが、発酵や焼成の時間を合わせると2時間以上かかります。

生地こね機を使用し、徐々に変化していく生地に触れた学生さんの第一声は「可愛い!!」

ぽよぽよもちもちとした何とも言えない生地の弾力がとても可愛かったようです(^^)

同時進行でシフォンケーキも作っていきます!

こちらはメレンゲの状態、生地の混ぜ具合がとても重要なお菓子です。

皆さん少し苦戦していたようですが、焼き上がりを盛り付けると美味しそうに仕上がりましたね!

もちもちとした弾力のあるピザとふわふわのシフォンケーキに皆さん大満足のようでした。

栄養士コース2年生 製菓実習

当学科、栄養士コース2年生でも製菓実習をおこなっています。

製菓実習ですがお菓子の実習だけではございません。

学生さんに好評の、カフェメニューもありますよ!

この日のメニューはタコライス・帆立とレタスのスープ・ティラミスの3品でした。

栄養士コースでは1年生から調理実習の授業を受けているので、2年生はさすが手際が良いですね!

お米の炊き方から食材の下処理、調理と盛り付けまでとてもスムーズに作業できていました。

ボリューム満点のメニューで食べきれるか心配でしたが、皆さん笑顔で完食!

ティラミスが大好きな学生さんは、お家でも作ってみたいと言ってくれました。

先生から教わったコツを忘れず、ぜひ実践してみてくださいね!

大量調理実習 コロッケ編

本日、2年生で300個コロッケの大量調理実習を行いました。

皆で協力してコロッケを仕込むこと数時間。。。

出来上がった種は大きさが均等になる用、一つ一つ計量して小判型に形づくります。

その後は、小麦粉、卵、パン粉の順につけ、

最後にもう一度、形成します。

出来上がりは冷凍庫へ…

これらは、11月に開催されるイベント

【くろまろの郷 収穫祭】

https://kuromaro.com/

こちらで販売されますので、ご期待ください!

1年生洋菓子実習後期第1回目

1年生の洋菓子実習後期第1回目はイギリス伝統のダンディーケーキとウィーンではポピュラーなお菓子カルディナールシュニッテンです!

 

2品とも日本のお店ではあまり販売されていない為、どちらも馴染みのないケーキだったかもしれませんね。

カルディナールシュニッテンとは白いメレンゲ生地と黄色のスポンジ生地を交互に絞り出して焼きあげ、コーヒー風味のクリームをはさんだ伝統的なウィーン菓子です。

今回は焼きあがった生地に生クリームを塗り、巻いてロールケーキ風に仕上げました。

均等に生地を絞る作業、ロール状に巻く作業に皆さん苦戦していましたが、前期の実習授業よりも手際よく、それぞれ分担して作業ができていました!