月別アーカイブ: 2020年7月

実践食物学科 3・1・2お弁当箱法セミナー

【3・1・2お弁当箱法セミナー風景】実践食物学科

7月31日(金)に栄養士コース2年生を対象とした「3・1・2弁当箱法セミナー」が開催されました。
毎年恒例のセミナーであり、ごはんやおかずを詰める時に学生が楽しく盛り上がるのですが、今年度は「密」を避けて換気を良くした環境を整えて実施しました。

さて、いよいよまちに待った弁当箱法のはじまりです!!

その①まずは講習から~
「主食・主菜・副菜」を3・1・2のバランスで詰めると、バランスの良い一食になることや、食料自給率の高い弁当になることを学びました。

その②設計図の作成
本日詰める弁当の設計図を一人ひとりが考えます。
「5つのルール」を意識しておかず(主菜・副菜)を選ぶことが重要です。

その③実際に弁当に詰めている様子
設計図を見ながら、実際に主食・主菜・副菜を弁当箱に詰めます。
弁当箱に「入れる」のではなく、箸で動かないように「詰める」のがポイント!

その④設計図とお弁当

 設計図通りに入れられたかな?

その⑤山下先生の詰めたお弁当

 この彩り。

その⑥⑤のお弁当を食器に盛りかえたもの

 きちんと1食分。

 

実際に食べてみると、
「思っていたよりも食事の量が多い」
「ごはんや副菜をしっかりと食べなくては、と思った」
などの感想が寄せられました。
みなさんが普段食べている食事を見直す良い機会となった実習でした。

食品化学実験 実技テスト

前期で習った内容の総まとめとして

実験の操作がきちんと出来ているかどうかの実技試験が行われました。

普段通り実験を終え、一班ずつ試験に臨みました。

 中和滴定の様子

 班で相談しながら

 あと一滴が難しい

 みんな真剣に作業

 亀井先生からのレクチャー

時間を測りながらの実技試験は、緊張もあり普段のようにはいきませんでした。

しかし、みんな無事に合格しました。

日頃の積み重ねが、形になって現れた瞬間でした。

オープンキャンパス 2020

7月19日(日)東大阪大学でオープンキャンパスが開催されました。

先週から続いた雨も嘘のように、週末は見事に晴れました。

実践食物学科にお越し下さった高校生や保護者の皆様、暑い中お越しくださりありがとうございました。

 

今回の栄養士コースのミニ授業のテーマは

濵田先生による

「食中毒予防について」です。

食中毒の発生状況と原因を知って、予防対策を考えるという内容です。

授業を受けた後は、実際に手洗いをしてもらい、手洗いチェッカーで洗い残しをチェックします。

自己流で洗った場合、汚れが落ちていなかった箇所がいくつかあったようで、中でも、

・指の間

・手の甲

・手首

の汚れが落ちていない方が複数いらっしゃいました。

「手洗い」は食中毒だけでなく、新型コロナウイルス感染予防にも繋がりますので、是非、正しい手洗い方法を習得して帰ってくださいね!

 

製菓衛生師コースのミニ授業のテーマは

岡本先生による

「ショコラフォンダを作ろう」です。

お持ち帰り用の体験実習を行いました。

上手く作れたようですね!おいしそうです。

 

スタッフ一同、マスクの着用・消毒・ソーシャルディスタンス等を守って新型コロナウイルス感染予防対策を行いながら、オープンキャンパスに従事しております。

次回もどうぞよろしくお願いいたします!

熱中症ミニ講座【新しい生活様式】

本日、山下絵美准教授による熱中症ミニ講座が開催されました。

厚生労働省が出された新しい生活様式を基に熱中症予防についてご教授くださいます。

敬愛高等学校3年生陸上部17名に対し、水分補給の大切さ、自己管理方法、応急処置の方法を伝えてくださいました。

 冨山朝代コーチより、以前から熱中症により試合本番や練習がままならなくなった選手がいる。という報告も受けております。

この授業が役に立ち実践できる選手さんが増え、パフォーマンス向上に繋がる事を願ってます!

実践栄養指導実習Ⅱ 栄養指導案 発表会

実践栄養指導実習Ⅱの課題として、様々な生活習慣上の問題を抱えている対象者に対して、栄養指導案を作成しその内容を発表しました。

 

皆さん緊張しながらも頑張って発表しました。

山下先生からの講評では、栄養価計算の抜けや詳しいレシピの作り方を載せることなど、いくつかの課題が挙がりました。

エビデンスに基づいた栄養指導の大切さを学生達は学びました。