教職」カテゴリーアーカイブ

2022年6月12日 東大阪大学短期大学部 実践食物学科 オープンキャンパス

昨日までの雨がうそのように晴れオープンキャンパス日和となりました。今年もこの季節がやってきました。

新型コロナウイルスおきましては、近畿圏は少し落ち着いてきておりますが

まだまだ侮れませんので、引き続き、感染対策を行っていく所存です。

——————————————————————————————————————————-

本日は2022年度最初のオープンキャンパスの日。

本日のテーマは、「~どんな資格がとれるかな?~」です。

本日のテーマと教室

まずは恒例の学科紹介から

本年度より学科長になられた冨田先生より、本学 実践食物学科におけるストロングポイントおよびアドミッションポリシーが伝えられました。

冨田学科長による学科説明

体験授業では、ミニクイズ「うちの大学で取得できる資格は?」と「栄養士の活躍の場は?」という問いかけに対して、皆様真剣に考えて答を出してくれました。

本日の模擬授業「~どんな資格が取れるかな~」

続いては、学生食堂で昼食の後、濵田先生による入試案内が行われました。

(今回のメニューは、ロコモコ丼・からあげ丼・オムライスでした。)

濵田先生によるテーブルコーディネート作品のご紹介と入試案内

オープンキャンパス参加型入試にご参加下さり、誠にありがとうございました。今度は事前相談及び面接でお会いできるのを楽しみにしております。

——————————————————————————————————————————

本日、参加してくださった方の中には管理栄養士を目指している方がおりました。

本学では、編入学の制度もあり卒後の進路も充実しております。ぜひ本学に学びに来てください。

一緒に頑張っていきましょう!

——————————————————————————————————————————

今回のオープンキャンパスの様子は、Instagramでも紹介しています。
Blogに未掲載オフショットがアップされるかも?!

当大学では体験授業の他に、先生との個別相談、施設の見学などもおこなっております。

食に興味がある方は是非遊びに来てください!

今年のオープンキャンパスは以上になりますが、施設見学などつきましては随時受け付けておりますので、学校までご相談ください。

進路のこと、就職のこと、将来の事、何でも構いませんので、是非質問しに来てくださいね!

栄養士コース1年生 『食育』模擬授業🍅

「学校食育論及びその実際」の授業で、来年度5月より始まる「栄養教諭」の教育実習に向けて模擬授業を行いました。

テーマは「3色食品群」🥬🐟🍗🍚

小学校又は中学校で行う食育授業を想定し、全員が同じテーマで授業を行いました。

同じテーマでも、先生(学生)によってそれぞれ特色の違う授業になりましたね。

初めての指導案作成、媒体製作、ワークシート作り、思った通りにはなかなか進まず、「先生」として授業をすることの大変さを実感したと思います。

他の学生の授業を見て学ぶ事も多く、刺激を受けたことでしょう。

色々なアドバイスをくれた教職仲間と共に、教育実習に向けて頑張りましょう!

初めての授業、お疲れ様でした!

特別賞受賞「手作り絵本コンクール」 栄養士コース2年生 人見友菜さん

図書館主催の「第1回 手作り絵本コンクール」で、栄養士コース2年生 人見友菜さんが”特別賞”を受賞しました。絵本タイトル『ぎゅっ。』

12月23日(木)に図書館にて受賞式が行われました。応募総数43作品。どれも工夫を凝らした力作揃い。学生さんの投票のみで受賞作品が決定しました。

【あらすじ】私たちの身近にいる食べ物たちは、「ぎゅっ。」とひとつになることが大好きです。そんな「ぎゅっ。」をすることができたり、できなかったり・・・。するお話です。

人見友菜さんの評価ポイントは、「ぎゅっ。」というインパクトのあるタイトルと、丁寧な貼り絵とかわいらしさ。

投票してくれた学生さんからは、「”ぎゅっ。”という言葉に反応して、子どもたちが笑顔になる絵本だと思いました。」「子どもたちもとても喜んで見てくれる絵本だなと思いました」等、コメントをいただきました。

「教職実践演習(栄養教諭)」の課題でしたが、食育ツールとしてとても魅力的で立派な作品ができました。いつか子どもたちに読み聞かせして下さいね。

教員採用試験(中学校家庭) 合格者インタビュー[Part2]

栄養士コース2年生 柴村瞳さん(大阪府 教員採用試験 合格)

中学生の時からの夢を実現させるために本学に入学。「同じ夢を持つ後輩の励みになれば」と、インタビューに答えてくれました。

<本学に入学を決めた理由は何ですか?入学してどのように感じましたか?>

 中学校の家庭科の授業が楽しく、所属していたバスケットボール部の顧問でもあった先生に憧れ「家庭科の先生になりたい」と思いました。大学を卒業して教師になる人がほとんどですが、短大で中学校家庭科の教員免許状が取得できることを知り、そこに魅力を感じました。オープンキャンパスで他の大学にも行きましたが、本学の印象が一番良かったので入学しました。最初は不安もありましたが授業も楽しく、教職の話ができる友人がいたことがとても心強かったです。

<教育実習について教えて下さい>

 授業を行うたびに反省することが多かったのですが、好きな科目を教えることができて楽しかったです。放課後は部活動に参加したり体育祭の学級旗を作ったりして生徒と一緒の時間を過す中で、「生徒といる時は生徒と向き合う」というご指導下さった先生のモットーを自分も実践しました。実習では「教師は担当教科を教えるだけでなく、常に生徒に目を配らなければならない大変な仕事である」ということを学びました。

<教員採用試験について教え下さい>

 第3次選考の面接テスト(模擬授業)では、事前にテーマはわかっていましたが、4分30秒という短い時間でどれだけ生徒を引き付ける授業ができるかを考え実践することが難しかったです。短大の先生方が直前に模擬授業の練習を見て下さり、授業内容から目線の方向や言葉使いについてご指導下さいました。その後の面接(15分)の対策も行っていただき、自分では気が付かない点をご指導下さったので、本番では意識して授業を行うことができました。

<どのような先生になりたいですか>

 私が担任でよかったと生徒に思ってもらえるような先生になりたいです。

<教員を目指す後輩に向けてのメッセージ>

 自分の中で目標を持つことを忘れないで下さい。目標があれば頑張れます!

※本学では必修科目の単位を取得することにより、卒業時に中学校教諭二種免許状(家庭)、栄養教諭二種免許状、栄養士免許証が取得できます。

教員採用試験(中学校家庭) 合格者インタビュー[Part1]

栄養士コース2年生 中川早智さん(福岡市、京都市 教員採用試験 合格)

見事に2市の教員採用試験に合格した中川さん。これまでのことを振り返ってもらいました。

<本学に入学を決めた理由は何ですか?入学してどのように感じましたか?>

 高校の時に「家庭科の先生になりたい!」と思い、中学校家庭科の教員免許状が取得できる短大を探しました。福岡市の実家を離れての学生生活に不安はありましたが、両親も応援してくれたので入学を決めました。

 毎日1時間目から5時間目まで時間割が埋まる授業は大変でしたが、同じ目標を持つ友人がいたので頑張ることができました。

<教育実習について教えて下さい>

 初日から授業を行いました。最初は緊張して失敗し、授業をすることが怖くなったこともありましたが、ご指導下さった先生が一緒に指導案を考えて下さり、査定授業では生徒参加型で楽しい授業ができました。また実習生同士で査定授業の練習をするなど、教科は違いましたが、生徒に興味を持ってもらえる授業をするためにお互い協力し合うことができました。3週間の実習を通して「教師は授業だけをしているのでない。全体を見てその中の生徒個人を見ることが重要」だということを学びました。

<教員採用試験について教え下さい>

 福岡市と京都市の採用試験を受験したので、過去問題の量が多く勉強が大変でした。福岡市の最終選考では、試験会場でテーマが渡され30分間で指導案を作成し、その後に模擬授業を行いました。教育実習で授業を行った範囲だったことが幸いし、落ち着いて授業ができました。被服の実技試験はTシャツからクッションを製作するという課題でした。生地の材質が影響してミシンの操作が思うようにいかず焦りで緊張しましたが、高校の時にファッションの授業を受けて裁縫は得意だったので、咄嗟の判断で乗り切り時間内に完成させることができました。教育実習生同士のネットワークができ、色々な情報を得ることができたことも合格に繋がったと思います。

<どのような先生になりたいですか>

 生徒との距離を常に考え、自分が教師であることは忘れず、でも姉のような存在である先生になりたいです。

<教員を目指す後輩に向けてのメッセージ>

 短大の2年間で教員免許状を取得して採用試験に合格することに対し、自分自身も不安でしたし、家族や高校の先生も心配していました。でも自分を信じて努力すれば大丈夫。諦めずに頑張って下さい!

※本学では必修科目の単位を取得することにより、卒業時に中学校教諭二種免許状(家庭)、栄養教諭二種免許状、栄養士免許証が取得できます。