実験」カテゴリーアーカイブ

東大阪大学 5月18日(土)公開講座

能登半島地震

2024年1月1日16時10分発生

災害復旧支援 日本栄養士会災害支援チーム(JDA-DAT)活動報告

公開講座:2024年5月18日(土)10:00〜

お申し込みはこちらまで↓

https://www.higashiosaka.ac.jp/open_lecture

3/23(土)・3/24(日)春のオープンキャンパス

今回もテーマはプラスワン!

自分の目的の学科以外にも、他の学科も見ちゃおうというこの企画。

今回、実践食物学科では栄養士コース・製菓衛生師コース合同で「パウンドケーキを作ろう♪」をテーマに開催しました。

日本でも同割法と言って、パウンドケーキは全ての材料を1オンス(28.35g)ずつ配合して作ったもののことを呼ぶそうです。早速実習へと取り組みました。

作成途中にはデザートタイムありです♪

クレームブリュレの仕上げは各生徒さんに仕上げてもらいました。みなさん無事完成です!!

実践食物学科では、今後も楽しく心とお腹に残るイベントを開催予定です!

ぜひまた東大阪大学短期大学部のオープンキャンパスへとお越し下さい。

学科のInstagramも見てね〜 ↓ 。

2023/12/23 オープンキャンパス プラス 1

クリスマス迫るこの時期に、今回はケーキバイキングやプラス1(他学科も見て回ろう)を加えての合同オープンキャンパスを開催しました。

栄養士コースではお馴染み、冨田学科長による「学科紹介」と「どんな資格が取れるかな?!」

本学の強みは、栄養士免許に加えて「栄養教諭2種免許」「中学校教諭2種免許(家庭)」を含め6つの資格が取れる事ではないでしょうか。

全国的にみても、短期大学でこれだけの資格の取れる大学は2,3校程度だとか。

学科説明、資格のお話の後は、相談会とお待ちかねのケーキバイキングです!!

学生スタッフと生徒さんと共に、美味しく頂きました。

★メリークリスマス★

包丁研ぎ職人現る② 味岡 刃物製作所(社会人になるにはⅡ)

先週に引き続き、味岡先生の講義(包丁研ぎの実演)がありました。

切れなかった包丁がよみがえる、まるで魔法の様です。

味岡先生や、お弟子さんのおかげで調理室の切れなくなっていた包丁達も再生しました。

実践食物学科のブログも見てね〜!!

包丁職人に学ぶ 包丁研ぎ 味岡先生

先日、刃物の本場堺市より、包丁研ぎ職人 味岡先生とそのお弟子さんををお招きしての講演と実演がありました。

ひとたび、味岡先生が包丁に研ぎを入れると、これまで切れていなかった包丁が綺麗に切れる様になります(玉ねぎの皮ごとしぶき一つなく切れます!!)。

学生たちもその技を間近にしながら、包丁研ぎを練習していきます。

お弟子さんのレクチャーも入りながらの包丁研ぎの練習です。

包丁研ぎは次週へ続きます…。

次回もお楽しみに♪