未分類」カテゴリーアーカイブ

令和4年度 学外研修 in ヴォスコビラ

今年も東大阪大学短期大学部 実践食物学科では、毎年恒例のボスコヴィラでの学外研修が行われました。今年も昨年と同様、新型コロナウィルスの影響で日帰りプランとなりました。

奈良県までレッツゴーです!

まずは到着して早々に、オリエンテーションの続きです。学生生活でのルールや早速、就職活動の話しもありました。短期大学は2年間ですので、この時期をどう過ごすかによって、将来が大きく変わってきます。

お昼は恒例のBBQ。もちろんコロナに配慮してマスク会食です。

お昼を食べてからは岡田先生によるレクリエーションが行われました。入学後、初めての自己紹介に学生さんもタジタジです。照れながらも、皆さん一生懸命に自己紹介してくれました。

「家に帰るところまでが研修です!」の源副学長のお言葉を締めに、本研修は終了しました。新入生の皆さん本当にお疲れさまでした。そして、これからよろしくお願いします!!

鹿も喜ぶスィーツの研究開発(種明かし)

今日(4月1日)はエイプリフールです。新学期、誰もが緊張しています。少し、肩の凝らないユーモアで、スムーズにスタートしましょう!


「来年のことを言えば、鬼も笑う」で、今年度が始まったばかり、来年度のことは分かりません。また、鹿の食べ物は草や木の実、木の葉等、必ずしもスィーツを好むものではありません。

「笑う門には福来たる」鬼も笑えるような楽しい1年を過ごしましょう。笑えば、きっといいことがあります。


どうでしょうか? たわいのない嘘ですが、開発できたら、面白いかもしれません。ニッコリできたら、肩の力を抜いて、歩き始めることができます。

鹿も喜ぶスィーツの研究開発

新学期です!


A先生が、次年度の卒業研究に「鹿も喜ぶスィーツの研究」をテーマにする、と言ってました。

この研究に興味のある方いませんか?

本学の研究対象となっている鹿

新学年が始まりました。この1年、皆さんにいいことがありますように!!

2021年度インターンシップ実習Ⅰ

 製菓衛生師コースでは、本年度の最後の実習として、インターンシップ実習を行っています。実際の現場を知ることで、2年生から始まる就職活動の目標をより具体的なものにできます。

 受け入れを承諾いただいた各企業へご迷惑のかからないように、学生さんたちには健康管理に特に気を付けるよう事前の説明を行っています。これは、「今だけ」の対策ではなく、これから食関係で働くための基本姿勢となっていくことと感じています。衛生管理の大切さを肌で学んできてくださいね!

 

「JA全国女性協創立70周年記念賞」受賞!

第19回ザ・地産地消家の光料理コンテスト「スイーツ」部門において,チーム名「クッキーサンド」(栄養士コース2年山下ゼミ 辻󠄀歩理さん・杉山智咲さん・押谷美初さん)の作品「ムースのクッキーサンド」が「JA全国女性協創立70周年記念賞」を受賞しました.

辻󠄀さんの出身・伊勢の特産品である“伊勢茶”と,杉山さん&押谷さんの出身・大阪の特産品である“栗”と“枝豆”を使用しました.伊勢茶と栗のムースは,伊勢茶のほろ苦さと栗のやさしい甘さがマッチした一品です.

ムースに合わせてクッキー生地の食感も工夫しました.生地とムースの作成にあたっては,製菓衛生師コースの岡本先生や畑先生にもご指導頂きました.

受賞作品「ムースのクッキーサンド」
左から杉山さん,辻󠄀さん,押谷さん