2年生」タグアーカイブ

「WFPチャリティーエッセイコンテスト2019」で蘇 鑫さんが18歳部門賞受賞!!

蘇 鑫さん(実践食物学科 栄養士コース 2年次)が、「WFPチャリティーエッセイコンテス2019」において「18歳以上部門賞」を受賞しました!

受賞作品のタイトルは日本へ留学する前に食べた親と最後のご飯

2019年10月15日(火)14時、コードヤード・マリオット銀座東武ホテルにて授賞式が開催されました。応募総数は過去最高の2万1,422通で、蘇さんのエッセイはその中から選出されました。

本エッセイコンテストのテーマは「私のとっておきごはん」。

応募1作品につき途上国での給食1日分にあたる30円が寄付される仕組みとなっており、今回は合計257万640円が4社の企業(昭和産業株式会社、トヨタ自動車株式会社、日清食品ホールディングス株式会社、三菱商事株式会社)から寄付されました。

これにより、約8万5,600人の子どもたちに学校給食を届けることができます。
どの入賞作品も、相手へあるいは相手からの思いやりに満ち溢れた素晴らしいものばかりでした。

来賓の方々や審査員の方々からの、受賞者に向けたコメントもまた、非常に温かなものでした。

蘇さんのエッセイを選出して下さった、国連WFP協会顧問のオテル・ドゥ・ミクニ オーナーシェフの三國清三様より、このようなコメントを賜りました。

「僕も外国生活が長く、よく夜に刺身、みそ汁を一人で作って日本を思い出していました。彼も心細い日本での一人暮らし。そして母親から直接教わった、卵とトマトの料理。卵とトマトは、世界中どこの国でも手に入る食材で、お母さんはそれを知っていてこの食材を選んだと思います。味には基本味があって、『甘味、酸味、塩味、苦味、うま味』の五味があります。それをもクリアーしていて、お母さんの深い愛情を感じます。彼も母親を身近に感じることができ、とても素晴らしい母心に感動しました。」

──基本味が感じられるエッセイ。

基本味とは、味覚の基本となる要素であり、他の基本的な味を組み合わせて作ることができない味(出典:化学同人社「食感をめぐるサイエンス」用語解説p.303)です。
食のプロの一職種である栄養士を目指す蘇さんにとって、最高の褒め言葉ではないでしょうか。

ジャポニゼ」という独自の料理哲学を追求し、料理界の文化発展ばかりか、子どもの食育から復興支援活動「子どもたちに笑顔を!」笑顔プロジェクトまで、幅広い食の分野で活躍しているフランス料理の一流シェフから栄養士の卵に与えられたこの度の栄誉は、必ずや今後の人生の糧になることでしょう。

ここ東大阪大学短期大学部が位置する東大阪市では「ラグビーワールドカップ2019」が開催されております。公益財団法人ラグビーワールドカップ2019組織委員会顧問に就任し、「おもてなしの心構え」の講師を務められた三國シェフに蘇さんのエッセイが選出されたことに、何かのご縁を感じずにはいられません。

他の受賞作品も、どれも素晴らしいものばかりでしたので、ぜひ読んでみてください。
入賞作品発表ページ:https://www.wfpessay.jp/2019/result.html

10月16日は世界食糧デー。
途上国等での栄養失調や飢餓について考える日です。
「学校で無料の給食が食べられるから親が子どもたちを学校に通わせる」
──いかに、途上国の子どもたちにとって学校給食が大切か。
学校給食が命綱である子どもたちに向けて、エッセイの応募で支援しませんか・・・?

なお、本学は本エッセイコンテストに2014年から参加させて頂いており、今年で6年目になります。自らの体験を綴ったエッセイが途上国の子どもたちの生きる糧、つまり「学校給食」となる大変素晴らしいコンテストです。インターネット応募も可能なため、通学・通勤電車の中からスマートフォンでエッセイを送ることだってできます(ただし応募可能期間に限る;200字から800字まで)。

参加することで世界の子どもたちの食と栄養に思いを馳せ、食物栄養の分野で「人」の「健康」にかかわって社会で活躍する意識を高めるのが目的であり、本学卒業後もぜひ積極的に参加して欲しいという思いも、教員の中にあります。
「持続可能な開発目標」(SDGs)の実現を目指して、各国の様々な分野で取り組みが行われておりますが、本エッセイコンテストもその流れに与するものと捉えております。子どもたちの貧困が世界的な問題である現状を鑑み、「誰もが参加できる食のボランティア」として、今後も積極的に参加していきます。

途上国の子どもたちに給食を届ける素晴らしい取り組みを推進しており、学生とともに参画する機会を与えて下さった、認定NPO法人 国連WFP協会の皆様方、協賛・後援・協力企業の皆様方に改めて感謝の意を申し上げます。

食育推進キャンペーンに協力しました!

6月は食育月間、毎月19日は食育の日です。
みなさん、ご存じですか?

6月16日(日)、ニトリモール東大阪にて東大阪市保健所主催の食育推進キャンペーンが開催されました。

実践食物学科の栄養士コース2年生4名がイベントのお手伝いをさせて頂き、大阪樟蔭女子大学の4年生さんと一緒にイベントを盛り上げました!

2年生さんは「何でも食べるわにさん」「体内年齢チェック」「朝食と野菜1日量の展示とアンケート」「握力測定」のコーナーを交代で担当させて頂きました。

ワニさんに何を食べさせてあげよっか♪

テラスに設置した「なんでも食べるワニさん」コーナーでは、小さなお子さんが立ち止まって、楽しくボール投げ♪

「どこのワニさんにボールを投げる?」
「えーと…(バターのボールを持って)黄色!」

えいっ!…と、子どもたちは上手にワニさんのお口にボールを投げていました。

 

その横には「握力測定」コーナーが。
フレイル(体がストレスに弱くなっている状態)予防のためにも、ぜひ握力で筋力チェックを!

私は何歳? ドキドキの体内年齢チェック!

店内には、指を置くだけで簡単に測定できる血液循環チェックコーナーや、食育ぬりえ、食育パズルに豆つかみなど、様々な食育コーナーがありました。

「体内年齢チェック」コーナーでは、はかりに乗るだけで体内年齢が分かる手軽さもあり、多くの方が測定してくださいました。

 

 

ご協力ありがとうございます♪

 

「朝食と野菜1日量の展示とアンケート」コーナーでは、朝食内容リサーチ&野菜の摂取増加PRにチャレンジ!

保健所栄養士の方々の説明を間近で学ぶうちに、積極的に声かけできるようになりました。

 

そのほか、指を置くだけで簡単に測定できる血液循環チェックコーナーや、食育ぬりえ、食育パズルに豆つかみなど、ほかにも楽しいブースがいっぱい!

みなさんの「食」を考えるきっかけづくりに少しでもお役に立てたらうれしいです!

東大阪市保健所栄養士、東大阪市食生活改善推進協議会、調楽会の皆さま、ありがとうございました。